人気ブログランキング |

カテゴリ:帰国( 83 )




山形紀行 最終回 蔵王のお釜

a0095031_865541.jpg

蔵王温泉は山形県山形市ですが、そこから有料道路の蔵王ハイラインやエコーラインを通って、
お釜に行くと、そこは宮城県。 お釜はちょうど山形県と宮城県の県境にあるのです。
山形県出身の母は初めての訪問。 
もう10年以上前に一度来たときは、ガスが立ちこめていて全く見えなかったのです。
わたしはその後親友と日帰り旅行で来ているので見るのは2回目。
少しガスがかかっていましたが、エメラルド色のお釜を見ることができました。
a0095031_8263577.jpg

お釜からまた石段を登って行くと、刈田嶺神社があります。
a0095031_1434950.jpg

途中ガスが出てお釜が姿を消したりしましたが、太陽のあたり具合によって色が変わってきれいでした。 
a0095031_14404910.jpg

a0095031_1447831.jpg

そろそろ家路につかなくてはならないけれど、山形と言ったら「そば」
そばを食べずに帰る訳には行きません。
まだ二十歳くらいに、いとこの結婚式で山形に来た時に食べた十割そばはまずかった・・・・。
あのぼそぼそ感が嫌だった。 あれは若かったからなんだろうか・・・・。
写真はだしそば。 山形名物のだしが乗っています。
a0095031_14553388.jpg

わたしはおろしそば。
a0095031_14593937.jpg

母は冷やし鶏そば。 写真には無いけど唐揚げ定食を食べた兄と娘達・・・・。
でも、実はこのおそば屋さんは地鶏専門のお店でもあって、と〜っても美味しかったんですよ。
(どこのなんて言うそば屋さんだったかすっかり忘れましたがね・汗)
おそばもこしがあってとても美味しかった。 山形紀行をすばらしく閉めてくれました。
山形さいこう! 長かった山形紀行日記、おつきあいいただきありがとうございました〜。

そうそう、書き忘れるところだったけど、
お釜の所にあったレストランと言うかお土産屋さんというか、
そこで売っていたずんだ餅は凄く美味しかった!! お釜へ行く際はぜひお試しを!



by apricotberry | 2011-08-27 08:05 | 帰国

山形紀行 蔵王温泉

a0095031_14203473.jpg

2日目の宿泊先は蔵王温泉の五感の湯 つるや
a0095031_9341011.jpg

直ぐ近くに日曜日の夕方ということで、人出は少ないけれど
お土産屋さんや共同浴場が並んでいます。
a0095031_11383022.jpg

共同浴場は入り口に箱があって、そこに大人は200円、子供は100円を入れて入ります。
でも、旅館の方がサービス券をくださったので無料で入れました。
蔵王温泉は硫黄(硫黄酸性含鉄硫黄アルミニウム硫酸塩塩化物温泉)の温泉で、とってもいいお湯です。 天童温泉も気持ちよかったけど、やっぱりこの硫黄のにおいが「温泉に来た〜。」と言う気持ちになります。 長女も「温泉のにおいだね〜。」と言ってました。
a0095031_13515729.jpg

実は若かりし頃、中学の時からの親友と「今日どこいく?」「山形でも行っちゃう?」と日帰りドライブに来たのが蔵王のお釜とここ。 
共同浴場の建物は新しくなっていましたが、「あ〜、このお風呂入った!」「ここでご飯食べた!」と懐かしい記憶がよみがえってきました。
a0095031_135676.jpg


さて、こちらでの夕食もとっても美味しかった!!
a0095031_13594385.jpg
a0095031_1474067.jpg

そばがきの美味しかったこと。 って、そばがき食べたの初めてでした。
a0095031_14103877.jpg

山形のこんにゃくと言ったら「玉こんにゃく」だけど、これは刺身こんにゃくでした。
a0095031_14133054.jpg

蔵王牛のステーキ(焼き肉?)。
歯ごたえのあるお肉でおいしかったです。 もうあまり数がないそう。
a0095031_14224110.jpg

え〜、あゆ?いわな? どっちだったか・・・(汗)
こんな風に運んで来てくれて、それから川で泳いでいるイメージの盛りつけをしてくださいました。
a0095031_14253026.jpg
a0095031_1428292.jpg

デザートにはずんだのアイスクリーム。 甘すぎず、口の中でずんだの香りがふわ〜っとして、
枝豆のアイスクリーム、ありですね。
a0095031_14302824.jpg

最後は朝食。 やっぱり小皿はかわいい!
こんなに品数作るのは大変だけど、眺めているだけで豊かな気持ちになります。
食べ物って、人を幸せにしますね〜。

この旅館も大満足でした。ぜひまた行きたい!
露天風呂は小さかったけれど、お湯は最高。 貸し切り風呂が普段2000円ちょっとするところを
期間限定で半額で入れたこともうれしかったな。
ちょっと写真で見たのと違ったけど・・・・ でもこうやって家族みんなと(あ、弟は都合で来れなかったのですが)一緒に旅行に来れて、すてきな旅館に2泊もして、しあわせだなぁ〜と思ったのでした。 
そして次回は山形紀行最終回、蔵王のお釜です。



by apricotberry | 2011-08-23 09:27 | 帰国

まだ続く 山形紀行 最上川舟下り

a0095031_14265419.jpg

ヨーエサノマッガーショ エンヤコラマーガセ
父が民謡をしていたので、良く聞いた歌です。
日本三大急流の一つである最上川。三難所や五百川渓谷をはじめに、流域のいたるところに難所があって、そのむかし最上川を舟で下った船乗りたちは、常に危険と隣り合わせだったと言うことです。
現在はエンジンが付いている船です〜いすいと上ったり下ったりできちゃうんだから、便利ですよね。
a0095031_14364653.jpg

約一時間、船頭さんのお話や舟歌を聞きながらのんびりと川下り。
a0095031_14404427.jpg
a0095031_14431557.jpg

がんばろう東北。

a0095031_14453692.jpg

舟下りの後は、父のふるさと寒河江市にある道の駅チェリーランドで休憩。
ずんだ団子とくるみ団子。 どちらも山形名産のあまいお団子。
わたしは「大好物!」ってほどじゃぁないけど、山形に行ったらぜひ食べてみてください。



by apricotberry | 2011-08-21 14:23 | 帰国

山形紀行 天童温泉

a0095031_15134160.jpg


どうやら昨夜アップデートしたfirefoxに原因があるよう。 Safariだと写真のアップロードができました。 う〜ん、なにがいけないんだろうか・・・・。 Safariよりもfirefoxの方が断然早い気がするんだけど。

さて、今日は一泊目の天童温泉。
山寺からは来るまで焼く20〜30分。 昔ながらの温泉街の栄屋ホテルさん 
久しぶりの食べ物写真! 
こういうお料理を前にすると、「あ〜、日本の旅館に泊まってるのねぇ。」と気分も盛り上がりますね。 何が出たのかすっかり忘れてますが、全部美味しかったです。
a0095031_15255375.jpg
これは次女のお子様ランチ(ディナー)。 「冷凍食品か。」とおもいきや、結構美味しかった。
a0095031_15282472.jpg

山形と言えば山形牛。これは米沢牛だったかなぁ・・・・。 
最近いろいろと言われてますが、美味しかったな、しゃぶしゃぶ。 
a0095031_15323278.jpg

これはなぜか洋食。 ライスコロッケと山形特産のお米を食べて育つ豚・・・(なんて名前だったかなぁ、思い出せない)のロースト。 美味しいお料理がたくさん出たので、お腹がいっぱい。
これは無くてもよかったかなぁ。 あ、豚肉はとっても美味しかったんだけど。
a0095031_15393673.jpg

a0095031_15441054.jpg

山形米の新ブランド『つや姫』名前の通りつやつやしてておいしい〜!
お土産に買って帰りたかったけれど、どこも品切れ。残念 :(

a0095031_15512877.jpg

そして朝食。 うちでもこんな風にちょこちょこといろんなおかずを並べたいな〜と思ったのでした。 すごくかわいいものね。
と、食べ物しか撮らなかった天童温泉でした。 夕食後には再び山寺へ、ライトアップされたおもむきの違うお寺をたずねたりしたのですが、カメラは持って行かず。
お堂の中でお坊さまから山寺にまつわるお話を聞いたりしましたよ。 

栄屋ホテルさん、展望露天風呂が最高でした! ちょっと丸見え!感があったけど(笑)。 
おいしいお料理ごちそうさまでした♪



by apricotberry | 2011-08-20 15:59 | 帰国

山形紀行 山寺

a0095031_7183449.jpg

芭蕉が訪れたことでも有名な山寺。 閑さや岩にしみ入る蝉の声
a0095031_9382435.jpg

山寺として親しまれているこの立石寺は貞観2年(860年)に第56代清和天皇の勅願によって慈覚大師円仁が開山したと伝えられているそうです。長い歴史を持つお寺なのです。

a0095031_9493792.jpg

延々と続く石段をもくもくと登って行きます。 運動不足のわたしは汗だらだら、息ぜいぜい(笑)
a0095031_952581.jpg
だって、こんな感じ。
a0095031_9561844.jpg
a0095031_10111879.jpg

はじめは「疲れた〜。もうだめ〜。」と文句を言っていた次女も結構がんばりました。
実は、腰の悪い母は下のお土産屋さんでお留守番。 なのであまりゆっくり見物しながらではなく、
駆け足の登山(登山というのかな?)でした。 だからよけいにきつかったのかも。
a0095031_10153919.jpg
a0095031_1114748.jpg

途中の景色もすばらしかったけど、
a0095031_1151491.jpg

上から見る景色も最高でした。 足はがくがくでしたけどね・・・・。

山形紀行、まだまだ続くのですが(長い)
明日の早朝からヨセミテへキャンプに出かけます。
続きは帰って来てから。



by apricotberry | 2011-08-14 07:12 | 帰国

山形紀行 七日町

a0095031_1016511.jpg

母が生まれた町で少し寄り道。 寄ったところは城下町
a0095031_1131697.jpg

きれいな舞子さんたちが一緒に写真を取ってくれました。
a0095031_1163094.jpg
そこではちょうど、風鈴の絵付けのイベントをしていました。
無料で陶器でできた風鈴に好きな絵を描き、展示した後にいただけるということでした。
私たちはその展示される日には山形にいないし、アメリカに帰ってしまうことを言うとその場でいただくことができました。 
たくさんの風鈴が静かに流れる御殿堰の上を涼しげにそよいでいました。
さて、山形と言えば冷やしラーメン。
a0095031_11132424.jpg
冷やしラーメンなら栄屋本店。行列のできるラーメン屋さんです。 母も子供の頃に何度かラーメンを食べに来たとか。 その頃は冷やしラーメンがあったかどうか覚えていないそうですが・・・。
これは普通の冷やしラーメン。(食べ始めちゃってますが)ほんとにただラーメンが冷たくなったという感じ。 味もしっかりしていて美味しかったです。 
a0095031_11175385.jpg
こっちは海老とかトマトとか乗っかってます。 
この日も行列ができていて、NHK山形が取材に来ていました。
その日の夕方のローカルニュースに出ると言うことで、私たちもインタビューを受けたんですが、
見るのを忘れました(笑) 
いや、取材されてる途中で次女が何やら騒がしくしていたので、きっと映してもらえなかったでしょうが・・・(汗)

ところで、私たちはおととい南カリフォルニアに帰ってきました。
とろけるほど暑かった日本とはお別れです(笑)。 こちらは涼しい〜。
帰って来た当日は寒く感じるほどでした。 そんだけ暑かったもんね。

山形紀行、次回は山寺です♪



by apricotberry | 2011-08-13 10:12 | 帰国

山形紀行 続市内観光編 

a0095031_1692687.jpg

これは文翔館の時計台。 日本では札幌の時計台に続いて2番目に古いものだそうです。詳しくはこちらに書いてあるのを見つけましたが、「自家発電無電地阿部式親子時計」というもので、館内の50個の子時計が無電地で一斉に動くんだそうです。
今でも5日に1度、時計屋さんが巻き上げ作業を行っているそうです。 その間、10秒hほどしか狂わないんですって!!
a0095031_16253833.jpg

この階段の手すりの飾りですが、「謎の飾り」なんだそうです。 
いつ、誰が、どういう意味を込めてデザインされたのか、一切不明なんだとか。
a0095031_16291157.jpg

当時はこのような船が物資を積んで最上川を通っていたようです。(たぶん・・・・)
a0095031_16402390.jpg

山形はひな人形でも有名です。
a0095031_19242595.jpg

日本で初めての水洗トイレ。
a0095031_2052354.jpg

山形っていうと、小さい頃はすごい田舎だと思っていたけれど、
明治の時代にこんな洋館を建てたりして、とってもハイカラなところですよね。
山形紀行記 まだ続きます。



by apricotberry | 2011-08-07 20:56 | 帰国

山形紀行 2011 夏 山形市内観光編


両親の出身地、山形県を旅してきました。
山形の夏は暑い!!のですが、この週末はとっても涼しく快適でした。
まず向かったところは山形市七日町。 母の生まれ育ったところ。
a0095031_2149165.jpg

山形市は何度か来たことがあるところですが、いろんな観光をしたのは今回が初めてだと思います。 写真は国の重要文化財にもなっている旧県庁文翔館
a0095031_21593153.jpg
イギリス・ルネサンス様式を基調とした建物でとってもハイカラな建物。
a0095031_2244734.jpg

この飾りの・・・・(あれ?これ英語だとMoldingっていうんだけど、日本語だと・・・・??) 第二次世界大戦のときに崩れ落ちたものを全部手作業で修復したそうです。 山形の左官屋さんが粘土のようなもので花びら一枚一枚作っては貼って行った気の遠くなるような作業。 彫刻じゃないんです(彫刻でもすごいけど)。
a0095031_22162098.jpga0095031_22184398.jpg床も素敵でしょ。 塗装での模様ではなく、種類の違う木を組み合わせたもの(だったと思う。) 










a0095031_22253519.jpg

ステンドグラスは当時のものそのままだとか。

あぁ、紹介したい写真がいっぱいあって・・・・・
どんどん長くなってしまうので今日のところはここまでとしておきます。
次回、文翔館つづきます。



by apricotberry | 2011-07-26 22:19 | 帰国

梅干し

a0095031_19481459.jpg

梅干しを作りました。
以前は母が毎年作っていたのをもらっていたのですが、腰が悪いため5年ほど前に断念。子供のころから食べている味はやっぱり一番。 姉の子供たちもばあちゃんが着けた梅干し以外は食べなかったので、その後は姉が何年か漬けていました。
今年は私が挑戦です。 手間のかかる赤じそはすでに漬けてあるものを買ったので、もしかしたら味がちょっと違ってしまうかもしれないけれど・・・・・
まずは一日目の写真。
a0095031_19544637.jpg
そして3日目。
a0095031_19561313.jpg
夜干一晩目。

夜干は3晩というけれど、2晩でおしまいにしてしまいました。
でも、台風の前でよかった~。 
味見はもうちょっとたってからしてみようと思います。 おいしく漬かっているといいなぁ。



by apricotberry | 2011-07-20 19:46 | 帰国

近況報告

a0095031_22442012.jpg

前回の更新はいつだったか・・・・・。 すっかりパソコンから遠ざかっている毎日です。
電車に乗るのが苦手なわたしは、もっぱら地元(笑)で活動しています。 
今日は近況報告。 写真は近所の沼なのですが、白鳥がたくさんいてびっくりしました。 たしか、去年かおととしに雛を5羽くらい連れた夫婦の白鳥を見たのですが、その雛が大きくなったのかなぁ・・・・。
でも、白鳥って寒い所に行くんじゃなかったかしら? なぜこのあつ~い日本にいまごろ? たぶん一年中そこに住んでいるんでしょうね。
a0095031_22525484.jpg
こんなことならパンとか持って行くんだったな~。 草を一生懸命食べさせているじいちゃんとまご。
「草なんか食べるわけないじゃん。」と言ったら、食べるんですね~。 


a0095031_22582689.jpg

7月は母、だんなさん、長女、ソフィーと誕生日が目白押しなのですが、
これは母の誕生日にこの方にお休みのところ無理を言ってお願いしたキャラメルフルーツケーキ。 想像していたとおり、おいしかった~♪
ケーキに乗っているドライフルーツの飾り方もとっても素敵。 次回は真似してみようと思います。 hisaeさん、ありがとうございました!!
a0095031_232571.jpg
暑い中サイクリング。
a0095031_237030.jpg

空にはもくもくの雲。 夏~って感じです。
そして夏といえば昆虫採集! 網を振り回してトンボを追いかける娘たち。
a0095031_23221864.jpg
a0095031_23195251.jpg

とんぼゲット。
そういえば、今年は蝉の声を聞かないな~と思うんだけれど、これからなのかな。
去年は「え、もう蝉?」ってくらい早かったと思うんだけど。
今年は蝉よりもトンボが早いし・・・・・。
a0095031_23294169.jpg

最後に、じいちゃんが捕まえてくれたかみきり虫をつつく次女。
虫かごに入れて幼稚園に持って行ったら大好評だったそうです。 
みんなで昆虫図鑑を出して調べたり観察したり。 次女は大満足で帰ってきました。
じいちゃん、お手柄(笑)

こんな感じで日本の夏を楽しんでます。 
月曜日にはいつもブログで仲良くしていただいているこの方とランチに行きました。 とっても楽しくおしゃべりして、あっという間に時間が過ぎました。
そして、すっかり写真を撮るのを忘れ・・・・・(汗)
もっと沢山お話したかったな~。 shogame2さん、ありがとうございました♪

さてさて、次回の更新はいつになるか・・・・お楽しみです(笑)



by apricotberry | 2011-07-13 23:39 | 帰国

南カリフォルニアでパンやお菓子焼いてます。   コメント大歓迎。 リンクフリーです。 copyright (c)2007-2013 appricotberry All rights reserved.  
by apricotberry
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

エキサイト以外のブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧